XM Trading(エックスエム)の口座開設方法~入出金までを解説

この記事は約4分で読めます。

今回は海外FX口座の作り方だよ💣

XMの公式サイトには緑色の「口座を開設する」ボタンがあるので、これをクリックしましょう。デモ口座で試してみたいという方は、赤色の「デモ口座開設」をクリックしてください。

 

 

個人情報の登録

 

個人情報では、氏名をローマ字で入力していきます。さらに居住国や希望言語を選択していきましょう。

 

居住国で「Japan」を選択すると、電話番号の国コードが「+81」と表示されます。コードがある場合、電話番号では最初の0を取って入力します。

 

・090815369549081536954

 

 

最後にEメールを入力しましょう。

 

取引口座詳細

 

次に取引口座を選択します。取引プラットフォームではMT4MT5のどちらかを選択します。MT5の方が高性能ですが、パソコンへの負担が軽いのはMT4です。初心者の方や特にこだわりの無い方はMT4でも十分でしょう。

 

口座タイプスタンダードマイクロ XM Zeroから選択します。このうち、XM ZEROではボーナスが付与されないので、新規で口座開設を行う場合はスタンダードかマイクロを選択するとよいでしょう。

 

 

最後に「ステップ2へ進む」をクリックしてください。

 

個人情報(リアル口座登録2/2)

 

ステップ2でも個人情報を登録しますが、今度は氏名をカタカナで入力します。さらに生年月日を選択しましょう。

 

 

住所詳細

 

住所詳細は英語表記で入力する必要があります。住所の入力順は日本語と反対になる点に注意してください。

 

(例)

・都道府県・市・・Tokorozawa-shi,Saitama-ken

・番地・部屋番号・・・202,1-1-1

・区町村・町名・・・Saitama-machi

・郵便番号・・・0000000

 

 

取引口座詳細

 

取引口座詳細では、口座の基本通貨やレバレッジ、さらには口座ボーナス受け取り希望を選択していきます。

 

 

投資家情報

 

次に審査に使われる投資家情報も入力していきましょう。すべての項目でプルダウンをクリックして、当てはまるものを選択していってください。

 

ちなみに、XMの審査は厳しくありません。提出書類や入力内容に不備が無い限り、滅多に審査落ちすることはないので、正直に内容を選択しましょう。

 

口座パスワードの設定

 

口座パスワードは大文字小文字のアルファベットと数字を含め、確認を含めて2回入力します。

 

 

最後に確認欄にチェックを入れリアル口座開設」をクリックしましょう。

 

メールアドレスの認証

 

この時点で、先ほど登録したメールアドレスにはXMから以下のようなメールが届きます。もし届いていなければ、迷惑フォルダもチェックしておくようにしてください。

 

 

「会員ページへログインしよう」をクリックすれば、メールアドレスの認証完了です。

 

 

会員ページへのログインは、先ほど作成したパスワードを所定の箇所に入力し、「ログイン」ボタンをクリックすればOKです。

 

本人確認書類の提出

 

XMでは2種類の本人確認書類アップロードが義務付けられています。アップロードを行ってはじめて口座が有効化され、取引できるようになります。

 

「こちらより口座を有効化する」をクリックして手続きを進めていきましょう。